アトピー肌に困った!スキンケア方法はどうしよう?

私は軽いアトピーがあり、かなり重度の乾燥肌です。
年間を通して保湿化粧品は必須なのですが、アトピー体質というのは、ほんの少量の化学物質や添加物にも反応してかぶれたり赤くなってしまうことがあります。

ドラッグストアなどで買える市販の商品にはたいてい刺激を感じてしまい、なかなかこれだ!という商品に出会えません。
そのため原材料を気にして選んでいますが、「無添加」という表示があるものを選んでも、アルコールは入っていてしみてしまったり、本当にオーガニックで無添加のものは金額が高かったりと、継続して使える商品に出会うまでに、かなりの無駄な投資をしてきました。
化粧品の宣伝文句には決まって、「○○配合」「○○成分使用」などと、何かを足したことをアピールしてありますが、シンプルで原材料が少ないことを売りにした商品が増えて欲しいと思います。

保湿化粧品に配合されているさまざまな成分に反応してしまいやすい私は、原材料が出来るだけシンプルなものを探すうちに2つの選択肢にたどり着きました。
一つは、「天然オイル」を使った保湿方法。オリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイルなど、天然の植物オイルなら、原材料はひとつ。

特に気に入っているのはDHCのオリーブバージンオイル。オーガニックの厳しい基準で育てられたオリーブから採取された純度の高いオイルは、乾燥肌から軽い炎症まで何にでも万能に使えて助かっています。
もうひとつの選択肢は、「口に入れても良いもの」を美容に取り入れること。お茶やフルーツ、ハチミツなど、食べられるものを保湿に使うことで、化学物質に反応しやすい私でもお肌のケアが出来るようになりました。